目指せ夢の不労所得生活!誰でも作る事が可能!!

収入が増えないこのご時世

現在は年功序列や終身雇用も崩れ、収入が右肩上がりになるという事は難しいものです。

企業で勤めている場合は尚更収入をコントロールする事は難しく、グローバル展開して技術や人材、お金が流動的に動く時代では、先進国と後進国の収入は平均化していく流れがあります。

世界全体が税制や仕組みを変えない限りはこの流れが変わる事は無く、先進国の日本の場合は収入の平均化に巻き込まれて行く事になり、今後は労働世代が減りますから就職率という点では回復する可能性が高いですが、収入が増える為には他とは違った特殊な能力を持たないと難しいです。

不労所得生活に憧れませんか?

企業で勤めていて収入を増やす事は難しいですが、不労所得生活を作り出す事は可能であり、労働時間に対しての対価を受け取る多くの方にとって、働いていない時間でも資産が働きかける不労所得の特徴を知る事は有効です。

資産を保有する事によってお金が増える事になり、例えばマンション保有して運営した時には家賃収入が得られ、株式投資等でも配当金や値動きに応じた利ザヤ利益を得られる事になり、こうした働いていない時間でもお金が入って来るのが不労所得であり、多くの労働者にとって憧れの所得システムでもあります。

インターネットを利用すれば不労所得生活も夢ではありません

ネット副業を行えば不労所得生活を得られる可能性があり、これは誰にでも作り出せる可能性が開かれたものです。

インターネットの活用によって、株や不動産、現物商品の取引が可能になっていますし、スマホ1つあれば金融取引は簡単に行なえる時代になっています。

ネットでサイトを作って、アクセス数を増やして広告収入を得る方法もありますし、自身に相性の合う方法を模索すればインターネット時代以前よりも不労所得を得られる可能性は広がっているものです。高収入を稼ぐ方法はネットで検索すれば情報がすぐに見つかるかと思います。

具体的な不労所得を得る方法を紹介します

具体的に不労所得を得る為には、資産を保有する事が必要になり、資産と言うのは住宅や株式を保有するだけではなく、サイトや作品等のコンテンツを発信して対価を得る方法もあります。

作家が創作物を作って売れば印税収入があり、創作中は原稿料としての対価を受け取る事になりますが、その後世の中に作品が出れば売れる度に印税として収入が入ってきます。

研究者が発明して特許料を受け取るという方法等もあり、莫大な不労所得を得られる可能性もあるです。

権利が無くなるまで半永久的に入ってくる収入であり、典型的な不労所得でもありますが、こうした印税や特許料を得る為には才能や運、ヤル気等に恵まれる必要があり誰しも実現出来るものでは無いと言えます。

アフィリエイトのように、特定企業の商品を宣伝して魅力を伝えるサイト作りを行い、そこから広告収入を得るという方法がありますが、これも一度集客可能なサイト作りに成功すれば、放置していても収入が入ります。

アフィリエイトは特別な資格も無く作る事が出来ますから、ここから生じる収入も不労所得であり、サイト自体が資産という事になりえるものです。

ですから様々な不労所得を得る方法が広がっており、誰にでも得られる可能性があります。

不労所得生活は工夫次第で誰でも手に入れられます!

いきなり働かなくても良いレベルで不労所得を得ると考えずに、まずは資産を増やしていく工夫を行うと、不労所得生活を実現させる事が可能です。

株式投資や通貨取引等の金融取引は、相場を読む力が必要ですが大きな利益を短期間で産みだし、一気に資産を増やせる可能性があると同時に、一気に資産を失うリスクもあります。

素人がまず行うのはリスク管理であり、失うリスクを伴うものは得られるリスクも大きく、リスクの大きさは利益の大きさと表裏一体です。

ですから最初はそういったリスク資産による運用から入るのではなく、低リスクでコツコツと資産構築出来るものを選択する事が有効であり、時間をかけて不労所得を得る流れを作る工夫を行うと安全と言えます。

株式投資を行うにしても、ボロ株のようなハイリスクハイリターンのものではなく、国として潰れたら困るような社会と密接な関係にある大企業の株を保有したり、明らかに過剰に値下がりしているタイミングで保有すると言った工夫が必要です。

株から配当金や株主優待券等の不労所得を得られるようにし、それをドンドンと増やしていけば配当金収入だけでも生活出来る可能性はあります。

他にもアフィリエイト等のコンテンツ作りをコツコツと行っていく事も有効であり、仮に失敗しても時間的な損失はありますが、金融商品のように損失を被るリスクは少なく、リスクコントロールしやすいものです。

初心者が不労所得を得る為にはリスクコントロ―ルを工夫する事が最も重要であり、出版や作曲、発明による権利収入とは違って、投資は誰でも作り出せる不労所得ですから、気楽に挑戦してみるのは良いと言えます。

PAGE TOP ↑