クレジットカード現金化の悪徳業者

公開日: 

クレジットカード現金化は違法性から言えば現状はグレーゾーンと言えますが、利用する人がある程度いるので商売として成り立っていると言っていいでしょう。どうしてもクレジットカード現金化を利用したいという人にとっては便利な存在であることも間違いありませんが、そのようなグレーゾーンの業界であるので、悪徳業者が多数暗躍しているのもまた確かです。お金がすぐに必要であるからと言ってしっかり情報を取らないで利用するのは絶対に止めるべきです。

インターネットの検索などでサイトの情報を集めて悪徳業者を避けられるかどうかも微妙で、そのサイト自体が悪徳業者の手先的な役割をしていないとは限りません。クレジットカード現金化を利用したいという人は他のキャッシングなどが利用できないか利用しにくい状態になっている人が多いと思いますが、それゆえに悪徳業者は詐欺のような手口をとってきます。よくある手口としては、現金が振り込まれない、約束の金額よりもかなり低い金額しか振り込まれない、利用後にしつこい勧誘を賭けてくるなどが考えられます。

利用してしまえば、どのような悪徳業者に引っ掛かったとしてもクレジットカード会社からの請求はやってきますし、そのような詐欺まがいの手口に引っ掛かったことをクレジットカード会社に訴えることは、クレジットカードの利用規約の違反に当たるのでクレジットカード会社が補償などの措置をしてくれることはまずかんがえらません。それどころかクレジットカードの規約違反としてクレジットカードの即時利用停止や利用金額の一括返済を請求される可能性が高いですからクレジットカード会社に訴えることはできないので、泣き寝入りするほかはないと言ってもいいでしょう。クレジットカード現金化の悪徳業者の手口も年々巧妙になってくることは間違いありませんから、もしどうしても利用しなければならないような状況になることがあれば、より警戒して業者を選択することが必要です。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑