今すぐお金がほしい、お金事情について

公開日:  最終更新日:2016/07/25

若いころは「今すぐお金がほしい」と思ったら、恥ずかしことですが、両親に甘えてしまっていました。私は割と裕福な家庭に育ったのですが、学生の頃から、両親からもお金に困ったらすぐに言うように言われていました。社会人になってからも、買い物をしすぎてカードの支払いができなくなったりしたら、両親に頼んで払ってもらったりしたこともあります。
そんな生活を送っていたので、結構金銭感覚は麻痺していたのですが、やはり結婚して所帯をもった瞬間からやはり両親に頼るのはダメだな、と思うようになってきました。
結婚してからは、買い物などもかなり我慢できるようになったので、今すぐお金がほしいということもあまりなくなってきたのですが、やはりお金が欲しいな、と思うことはたくさんあります。
今すぐお金がほしいと一番感じるのは、給料日前でしょうか。生活費をほとんどクレジットカード払いにしているので、毎月カードの支払いをするとほとんど給料は残りません。生活費や食費、子どもにかかるお金を払っていくと、贅沢できるお金がほとんどなくなります。そればかりか、給料日前には口座に数千円しかなかったりすることもよくあります。カードで支払えば買い物はできるのですが、やはり口座に数千円しかないと、気持ち的にも不安になりますし、余裕もなくなってしまいます。
また、子どもに我慢させてしまっているときは、今すぐお金がほしいと強く思うようになります。先日もそんなことが起こりました。子どもが幼稚園で一番仲がよい友達が、ディズニーランドに行ったそうです。私は地方に住んでいるので、ディズニーランドに行くには飛行機に乗って泊りで行かなければなりません。家族3人で行くとしたら10万円以上かかってしまいます。子どもが行きたがっているのに、連れて行ってやれないのは、本当に親として情けなくなってしまいます。子どもも「○○ちゃんは行けるのに、どうしてうちは行けないのか」と理不尽に感じていることでしょう。一般的な普通の暮らしをしているとは思いますが、子どもにとってはやはり友達は行けて、自分は行けないというのは悲しいことです。
少しでも子どもにみじめな思いをさせてしまったというのは辛いです。ここ数年はそこまでお金が欲しいと思ったことがありませんでしたが、このときばかりは、お金が欲しい、働かなければ、と強く思ったのでした。
若いころは両親に頼ることができましたが、やはり今は自分の力でしっかりお金を稼がないといけないと思います。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑